M&A支援業務

当事務所では、最近話題の中小企業のM&A支援業務を実施しています。

M&Aとは企業買収、企業売却や事業承継など幅広い概念を指します。決して大企業だけのスキルではありません。中小企業においても「高齢化に伴い事業を承継する子供がいないので心配だ」「いい会社なので誰かに事業を引き継いで欲しい」などM&Aに対する要望はかなりあると考えます。しかし中々、中小企業においてM&Aは実施されません。

何故か?

当事務所では、中小企業においてM&Aが進まない理由として事業承継者を見つける手段がないからと考えています。事務所では、企業の購入者、売却者など様々なネットワークを駆使して探してきます。また会計事務所だからこそ中小企業の実態を良く把握していますので、経営者が納得して頂けるM&Aの実現を目指しています。

会社員には定年というものがありますが、経営者の皆様には定年というものがありません。しかしいつかは事業についての、廃止・継続を検討しなければなりません。会計事務所だからこそできるM&Aつまり戦略的事業承継を実施します。


M&A(事業継承)の流れ

STEP1

まずは、当事務所にお問い合わせ下さい。 

 まずは、お気軽に当事務所にご相談下さい。「すぐに購入したい」「将来的に売却したい」「事業継承の内容をもっと知りたい」など。当社は、アットホームな雰囲気の事務所です。お電話でもメールでも受け付けていますので「会社の事業継承の件で」とお声を頂ければ秘密厳守を基に全力でサポートします。   


STEP2

当事務所の会議室にて打ち合せ

 当事務所会議室にて経営者の事業継承(売却)の動機、売却時期、売却希望金額などのヒアリングを実施します。その後当事務所にて独自の調査報告書を作成しご報告いたします。それを踏まえて経営者の希望でいくのか、条件を変更すのか決めていただきM&Aの概況書を作成します。


STEP3

経営者と一緒に内見

 M&Aを検討されている経営者に内見してもらい、お互いの条件を出していただきます。当事務所は売却側と購入側の両者が不利益にならず満足して頂けるように中立な立場から条件交渉を行います。


STEP4

譲渡契約書の締結と引継ぎ

 M&Aの条件が売却側と購入側で一致すれば、譲渡契約書の作成に移ります。従業員への説明、引継がれる経営者との面談などを実施し承継準備が完了すれば、新しく開業する経営者からの譲渡金額の振込を確認するとともに、当事務所への手数料もお支払いいただきます。



孝岡会計事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
近畿税理士会所属

お気軽にお問合せください。

孝岡会計事務所

TEL:078-362-0633

FAX: 078-362-0858

takaokakaikei@gmail.com